株取引の最初の知識

株と聞いてどういうイメージを持つでしょうか?初心者の人はお金儲けが1番思いつくのではないでしょうか。そうです株取引はまさにお金儲けのツールとして利用すべきものです。

株とは株式市場が自らの資金調達のために東京証券取引所に株式と呼ばれる資金集めの紙を渡します。それを市場にだすと一般投資家である私たちや機関投資家と呼ばれる大口の投資家が買うことができます。企業がお金を調達する手段としては他に銀行からの借入があります。しかしこれはご存知の通り返済の義務があります。しかも利息をつけてです。これだけでは企業は心もとないのでその他の手段として株式を公開することによって投資家にそれを買ってもらい、お金を獲得します。株式公開によって調達されたお金は投資家に対し返済の義務がありません。そのかわりその企業の業績によって定期的に配当金というものを投資してくれた人に対し渡さなければいけません。私たちの投資家は資金をあげるからにはその企業に頑張ってもらわないといけません。つまり出資先の会社に将来大成功することを期待しているからこそ出資するのです。仮に倒産した場合は出資してるお金も戻ってきません。ですから出資する相手を私たちがしっかり見極める目が必要ということです。

証券取引所ってとこの審査に受かった企業(受かることを上場といいます)が株式を公開できるようになり、その結果不特定多数のいろ~んな人からお金を出資してもらえるわけです。

引用元・株の初心者に人気のあるサイト

ちなみに株式市場によっては配当金にプラスして株主優待というプレゼントをくれるところもあります。ダブルで私たちに恩恵をくれる会社は基本的には業績が良い企業だということができます。つまり、株初心者が狙うべきは高配当でかつ優待を実施しているところが良いということもいえます。

信用取引の活用の仕方

証拠人を入れることにより、テコの原理で資金以上の取引ができる「信用取引」ですが、利用方法はレバレッジを効かせるものだけではありません。
鞘どりという手法があります。これは昔から伝わる技法ではありますが、あまりメジャーではないようです。予想を当てて大きく利幅をとるやり方のような華やかさがないからです。
けれども投資というものは、リスクを大きくとりすぎるといずれ、痛い目に合います。とにかくリスクを減らすやり方をとるのが王道といえます。
鞘どりとは簡単に言えば、売り建てと買い建てを同時に建てて、その鞘(値の開き)の拡大や縮小を利用して利幅を取るというものです。
たとえばAとBのふたつの株があり、その差が100円あったとします。高い方を売り、安い方を買っておきます。そしてそのふたつの鞘が50円に縮まった時に、同時に手仕舞いすれば、50円の利幅を得ることができます。
あらかじめ目処をつけておいたふたつの銘柄の鞘を見ていて、差が縮まりそうだと思った時に仕掛けます。問題はそのふたつをどうやって選ぶかです。
基本は、同じ業種の中で選ぶのがやりやすいのですが、異なった業種間で行うこともできます。
技法を磨くことができるという点で、玄人には人気のある手法です。

現物株式と先物取引の組み合わせ

株式市場での投資では最もリスクの少ない現物株式取引ですが、何かと不便なところもまります。その中でも最も苦い思いをするのが、夜間での外国市場での下落でしょう。翌朝には大幅に下落するとわかっていても、手をこまねいて見ていることしかできません。
そんな時にリスクヘッジのために利用できるのが、先物取引です。
現物株式と比べて少ない資金で取引できるという特徴がありますが、その最も大きなメリットは、現物取引の終わったあとの夜間取引ができるということです。
外国での相場の動きをみて、下げてきそうだと思えば先物で売り建てを立てることができます。うまく現物株をヘッジできるように枚数を調整すれば、あとは市場がどう動こうが安心して眠りにつけるというわけです。
翌日になって予想通り下落したあと、再びは上昇に転ずるようであれば、先物の売り建てを切ってさらに現物株に買いを入れれば、先物取引での利益を確保しつつ、現物株の買い単価を下げておくことができます。
現物株式でも信用取引を使えば、売り建てによるリスクヘッジはできますが、夜間の動きには対処できません。先物をうまく活用することによって、うまく保有株式を持ち続けることができます。

成行き注文がベスト

初心者の場合、株の取引は寄付きでの成行き注文が最適になります。成行き注文というのは最も取引が成立しやすい注文方法になります。高値で売りたい、あるいは安値で買いたいとついつい欲がでて高値の指値売り注文をしたり安値での指値買い注文をしたりしがちなのですが、このような場合にはだいたい取引が成立せず売りたいときに売れず買いたいときに買えないということになります。このように指値注文では約定せず取引が成立しない可能性がありますので、機関投資家などの大口の投資家はたいがい成行きで注文をします。
個人投資家の皆さんが株の売買をしたい場合には、寄付きでの成行きで注文を出せばまず間違いなく取引は成立します。また相場の最中に成行き注文を出した場合には思わぬ高値や安値で約定してしまいがっかりするという場合もあるのですが、取引前に成行き注文を出した場合にはたくさんの注文が平均化されたところで約定しますので、極端な高値や安値になってしまうということはほとんどないと考えても大丈夫です。
また前場が終わって後場が始まる際に成行き注文をすることもできるのですが、このときになぜか思った以上の高値や安値で寄り付く場合がありますので注意が必要です。これは一部の人たちに株価に影響するようなニュースが広まったためであることが多いです。情報の格差のため混乱が起こる場合があるということですので、やはり初心者の方は寄付きでの成行き注文がベストでしょう。

株は簡単にはじめられる

今まで株をやったことがない初心者の人でも手軽に始められるように説明いたします。現在株取引市場はオリンピック東京も決まり、上昇相場に転じようとしています。林修先生の言う通り株をやるなら今でしょうという言葉がぴったり合う時代になりました。経済のことがよくわからない人は株取引ができないかというとそんなことは一切ありません。なぜなら私自身経済なんてよく知りませんが毎日株をやっています。いわゆる初心者ではありませんがファンダメンタル知識やテクニカル指標を駆使して今でも投資の世界で活躍しています。皆さんが株を始めようとしてる時にいちばん悩むのがどの銘柄を買えばいいのかということです。何を買えばいいのかわからないから結局は友達とかにやり方を聞いて証券口座を開いたりするのですが、株の売買と言うことになると頭がこんがらがってしまうようです。今銀行預金の金利がとても低く、さらに将来の日本が借金まみれでデフォルトしてしまうのではないかという懸念から預金していても元本が減ってしまうばかりなので今からの時代は積極的に国内問わず海外へもリスクを取りに行く時代に変わってきているのです。ですから株初心者の人も多少なりとも金融の知識を持っていないとこの先資産を目減りさせてしまいますし、世界から取り残されてしまいます。そうならないよう、株初心者でもわかるようにこのサイトでしっかりと株のいろはを教えていきたいと思っています。

株式は売買可能

将来を見込んで購入したその会社の株式は他人に譲渡することができます。どうやって譲渡するかというと東京証券取引所でそれを売りに出すと、それを買いたいと思うん投資家が東証で買うことができます。そうです、東証が私たち投資家の売買の注文をまとめて管理する場なのです。

そして株式の売買の注文を受け付ける場が証券会社です。現在株初心者を含めた個人投資家が利用している証券会社はネット上でサービスを展開しているネット証券がほとんどです。ネット証券が個人投資家の売買の注文受付をして東証にその注文を反映させる。そして売りたいと思った人が出した価格で買いたいと思った人がいれば売買を成立させます。そして株取引においてはこの売買行為で大きく稼ぐことが可能なのです。別のページでも申し上げましたが株には配当金で稼ぐという方法もあります。しかしそれは年利1%とか微々たるものでしかありません。それに対して株式の譲渡はタイミングによってはすぐに10万円とか稼ぐことができます。

デイトレードとか聞いたことがあるかもしれませんが、いちにちに何度も売買行為を繰り返す人も最近ではたくさんいます。そういう人は配当金なんて全く興味もなく売買益だけを求めて株をやっています。初心者にはちょっと難しいかもしれませんが少しテクニカル分析を勉強すればだれでも参加できるようになります。

生活必需品の株主優待と配当狙いで長期ホルダー!

生活必需品が手に入る株主優待がある企業は長期的に株式を保有するには 持ってこいの銘柄です。

私は仕事柄スーツを着用するので、スーツは生活必需品の1つです。 あまりにも安っぽいのはちょっと見栄えが悪いですが高すぎるものも ちょっと嫌みな感じになってしまいます。

そんなときにちょうど良い価格帯でスーツが手に入る株主優待があるのが オンリー【3376】です。

オンリーは株主に優待としてお買い物優待券をくれます。 これが12株保有していると、30,000円分のお買い物優待券になります。 さらに、オンリーは一部の店舗でオーダーメイドでスーツを仕立てられるので この優待券をそのオーダーで使えば、スーツの生地も選べて、形も 自分にあったものを手に入れられるので、とても役立ちます。 もちろん、さらに良い生地のスーツを仕立てたければ自分でお金を追加で 払えば、生地にもこだわれます。

ちなみに2013年11月現在での株価はだいたい84,000円なので、 12株取得すると約1,000,000円ほどになります。

「スーツのための投資金額としては大きいな・・・」と思う方も いるかもしれません。 しかし、オンリーは優待以外に配当を出しています。 2013年8月の実績で1株あたり2,600円です。 現在の株価で配当利回りを考えますと、約3%です。

配当と株主優待の2つを考慮すると、なかなかの魅力ではないでしょうか。 もちろん株式なのでそのときの経済状況などの外部環境に影響を 受けますので、保有してそのまま放置するというのは、危険です。 しかし、しっかりと外部環境を見極めつつ長い目で保有すると、 良い恩恵を受けられる株式だと思います。

オンリーで、配当と株主優待を狙う。いかがでしょう。

家電が好きな方にお勧めの株主優待

皆様の中に家電が大好きと言う方はいらっしゃいますか。私は非常に家電が大好きで暇さえあれば家電量販店に足を運び、新商品等を見たり触ったりしています。もし、家電が大好きな方でしたら大手家電量販店の証券ををお勧めいたします。証券と聞くと、あまり良いイメージ持たれていない印象がありますが決してデメリットだけでなく非常に大きなメリットがございます。

そのメリットとしてある一定の金額の証券を購入すると、株主優待を受けられることです。私の場合、家電量販店に頻繁に通っていますので、その分購入する機会が増えます。ですので、頻繁に通っている所の証券を購入し、株主優待券として商品券をいただいています。商品券と言っても数十万円ではなく数千円ですが、もらえるのでしたらもらった方がお得です。 また、家電量販店は私見ですが株価が大きく変動しません。よっぽどの天変地異が起きない限りは持っている証券が紙くずになることもないので、証券でお金を少しずつ増やしつつ優待券をもらえる、非常にメリットが大きいと思います。

最後になりますが、やはり少し不安だなと思われている方がいらっしゃいましたら、大型ショッピングモールで証券の相談会や相談できるスペースを確保している所がございます。そこで一度相談されてみるのが良いでしょう。

株購入で味わったビギナーズラック

株は自分が買った価格よりも高い価格で他の人に売れば儲けが出ますし、反対に株価が買った時よりも下がってしまい売らなくてはならない状態になれば、損が出てしまいます。だから損な時は売らなくてもいいようにお金に余裕がある金額でしなくてはいけないと思います。株価が上昇するのを待てるぐらいの余裕が欲しいです。でも会社が倒産してしまうと、ただの紙切れになってしまいます。と色々説明していますが、私は今まで生きてきて株を購入したのは1度だけです。
もう30年前の話です。
社会人3年目ぐらいでした。親友が私が働く仕事場の近くの証券会社で働くようになり、私は昼休みに会いに行き口座を開設したり、少しだけ預金したりしてました。
私は銀行と証券会社の仕組みの違いがよくわからないぐらい株に対しても知識がありませんでした。
そんな頃NTTの前進、日本電信電話公社という特殊法人があり株式会社になるのに一般の人も株を購入できるチャンスがあるとニュースで言ってました。
私は人ごとのように聞いてましたが、親友から申し込んでみないと言われました。1株100万円ぐらいの価格になると言われ、家族やその時の彼にも反対されましたが
親友が大損はないと思うといわれたし、私自身自分の貯金を使うし若かったこともあり思いきって申し込みました。そして当選して1株購入しました。
上場の日新聞を見てびっくり、億万長者になった気分でした。家族はすごいと驚くばかり、私はその親友に感謝して、売り時を教えてもらい結局3倍の300万円で売ることができました。たったの数日でこんなに儲かってしまいましたが、私は逆に株の恐ろしさを知り、それ以来購入したことはありません。